婚約指輪でプロポーズ成功させる【愛の結晶アクセサリー】

指輪

ダイヤの知識

男女

婚約指輪を購入する際にダイヤモンドを取り入れた婚約指輪が良いというアンケートで90%以上の方が答えています。しかも実際の購入者も同じ数値となっているので、ほとんどの方がダイヤモンドを希望しているという事ですね。そこで一生に一度の婚約指輪になりますのでダイヤモンドについても改めて一般常識を見てみましょう。まずダイヤモンドの質を評価する際には、「4C」という以下の評価基準があります。「COLOR:カラー」、「CLARITY:クラリティー」、「CARAT:カラット」、「CUT:カット」ですね。婚約指輪で使用するダイヤの評価として、まずはカラーですが、カラーとは色味のことでダイヤモンドは無色に近いほど価値が高いとされています。その評価はDクラスを頂点にZまでのアルファベットで評価します。DEFが無色透明となり最高位となります。GHIJがほぼ無色、KLMがかすかな黄色、NからRまでが非常に薄い黄色となり、SからZが薄い黄色とランク分けされます。次にクラリティーですが、クラリティーは透明度のことを指します。

キズや欠けのないクリアなものほど高額となり婚約指輪にはVSランク以上の透明度が相応しいと言われています。最高位はFLとなり次いでIF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3の11段階に分かれます。次にカラットですが、カラットは石の重さを表す単位であります。1カラットは0.2gとなり、通常は小数点第2位までないし第3位までで表記することになっています。当然重さによっても価格が高騰していきます。最後にカットですが、カットはプロポーションとも呼ばれ研磨状態のことを指します。婚約指輪には一般的に最高クラス(Excellent)が使われることが多い。唯一人の手が評価される要素となり、ラウンドブリリアントカットの場合にのみ、カットに対する評価がなされます。プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)が評価の対象で総合評価は、最高位に「EXCELLENT(EX)」、以下「VERY GOOD(VG)」「GOOD(G)」「FAIR(F)」「POOR(P)」までの5段階で評価されます。